楽しみ

田舎に住んでいるとなかなか出前を取る機会がなくて寂しいです。
田舎の人はあまり出前を取らないものなのでしょうか?
それとも私が住んでいるところがたまたまそうなのでしょうか?
都内に住んでいた頃も、実家に住んでいた頃も
そんなに頻繁にではないですが出前を取る機会はありました。
家に出前メニューを挟んだファイルがあって、
何かとろうか、と言う話になるとそれを出してきて
ああでもないこうでもないとみんなで悩むのも楽しいものでした。
お蕎麦屋さんの出前って
熱でラップがどんぶりにぴったり張り付いていますよね。
あれをはがすとすごくいい匂いが湯気とともに上がって、
全員でつい深呼吸してしまったものです。
出前ってお店で頂くのとはまた違った楽しみがありますよね。
麺類なら中華屋さんの出前もそそりますね。
ラーメンやタンメンの類と焼きそばの類、
点心もちょっと欲しいなんて言いながら
食べきれないほど選んでしまったりして、
お休みの日であれば昼間でもちょっとビールを開けてしまいます。
それからデリバリーのお弁当なんかも、
都内に住んでいる時はよく利用しました。
お弁当としてはちょっと割高なんですけど、
メインのほかにいろいろおかずが入っているのが楽しくて
残業の時に同僚といろいろおしゃべりしながら
ゆっくり時間をかけて食べたことを思い出します。
あとはごくごくたまにですけど、お寿司です。
近所の商店街にある美味しいお寿司屋さんに
一人前ずつの桶で頼むのも贅沢な感じで嬉しかったし、
デリバリー専門のお寿司屋さんでも
すごくレベルが高いところがあって、
大きなワンウェイ容器でぎっしり入ってるのを
皆でワイワイ頂くのも捨てがたく、
お寿司を取るとなったら本当に悩んだものです。
今は本当に出前自体とることがなくなりました。
出前うんぬんより、西日本に引っ越して来たら、
本当にお蕎麦屋さんがないんでびっくりしました。
街の中華屋さんみたいなのも、田舎だからなのか一軒もありません。
ふと気づくととっても寂しくなりました。
引越しの時に捨ててしまった、あの出前用のファイル、
今手元にあったら眺めながら
家族で美味しかったものの話をしたいなって思ってしまいました。

Comments are closed.